皆さん今の時代の塾と言うものは大きく変わってきてますね。

 

毎日働きに行かれているご両親はなかなかそんなことを考える時間的余裕も機会も無く

 

周りの人から少しづつ情報を得ながらと言う感じですね。

 

まあ、現場にいる私も塾環境の変動に驚くばかりです。

 

ここでは塾の使い方について最近の事情を説明します。テーマはプリント演習です。

 

例えば20年ぐらい前の予備校は100人以上の教室で一斉授業をしその話を聞き

 

ノートをとると言う授業形態が主流でした。

 

しかしそんなこと今YOUTUBEで無料で自宅で受講できます。

 

よって大手予備校も今はあまり集客できていません。塾でも同様です。ただし、

 

YOUTUBEは間違いも多いです。しかしながらお見事と言う授業も多々あります。

 

 かつて往復3時間かけて高いお金を払って受講していた内容が自宅で20分で学習でき

 

その上何回でも視聴できます。しかし受講だけではなかなか脳に定着しません。

 

学習後何度もプリント演習を繰り返しようやく習得できるものです。

 

したがって、私の塾も徹底してプリント演習を繰り返しています。

 

手前味噌になりますが、清水塾の生徒はいい成績を取ります。当然です。

 

プリント演習を繰り返し、その過程で大事に励まされながら勉強をして伸びない生徒など

 

いないからですね。そんな塾五万とありますし、全くできていない塾も五万とあります。

 

みなさん、よその子がどんな学校に入ったかではなく自分の子供が

 

本当に大事にされる塾探してくださいね。参考になればと思います。

 

ちょっと偉そうに話しました。勘弁!

                       清水塾